うたわれ01 クジュウリと同盟締結後、八柱将トキフサからの同盟の話が突如浮上。
えっと、トキフサって……確か8人中一番地味な人だったよね?

地味ではあるけど、出で立ちは一番和風な感じで渋カッコイイ気がする(鎌倉武士的な)
当然、性格も冷静沈着でキレ物なんでしょ? と思いきや、真逆だったので驚かされた……。

キレ物はキレ物でも、キレやすい人物だったようで、人は見掛けによらないということか。
(一気にデコポンポ並みの小物臭が出てきちゃったものだわ)

【スポンサードリンク】


そんな人物なので、やはり同盟の話もワナであったらしく、
オシュトルorアンジュを亡き者にし、ヤマトでの地位を固くするのが目的だったらしい。


ということで、八柱将トキフサとバトル!
うたわれ02 何というか、ヴライ戦の後ということもあり、ずいぶんと楽に感じてしまう。
一発撃沈の恐怖がないだけでも、気持ち的に余裕が持てるものだよね。

でも、トキフサの特性である2回行動+気力全開で“3連続攻撃”をしてくることもあるので、
それにより1ユニットが速攻で撃沈してしまったけれど……。ま、それ以外は問題なかったかも。


そして、トキフサ死亡。そのトキフサが治めていた国は元々ノスリ一族が治めていたとのことで、
そのままノスリが一族の長となり事態は終結。エンナカムイとも同盟して、めでたしめでたし。

なんだか、だいぶエンナカムイの情勢が良くなったきたなぁ、初陣直後はどん底だったのに。


↑ 上記のように喜んでいたのも束の間、新たなトラブル発生!
この動乱当初よりエンナカムイを支持してくれていたナコクが、ヤマトにより陥落

救援要請もあったので、ナコク奪還のため海を渡って戦場へ赴くオシュトル一行。
うたわれ03 ここでミカヅチと戦うことになるとは思わなかったなぁ、あなた帝都を護ってるんじゃなかったの?
兄に言われたからといって侵略に手を貸すとは、自分の中で少しイメージが低下してしまった。


しかし、さすがに火力が高いミカヅチさん。開始早々、必殺技を撃たれて1人退場させれてしまう。
ただ、ザコ無しの状態で戦うので、ミカヅチ一点集中でいいから楽っちゃ楽なのかもしれない。

相手に気力全開を3回やられて大変だったけれど、まあなんとか撃破できました。


それから、結局ミカヅチとの戦いは決着が付かずに相手は撤退。
続いて、オシュトルらは首都奪還に移るのだけど、そこで待ち受けていたのがマロだったわけで。
うたわれ04ハク殿を殺したのは、オシュトル殿でおじゃろう?

てっきりマロは、ヴライ戦でオシュトルがハクを見殺しにしたと勘違いしてると思っていたのに、
まさか、オシュトル自らがハクを殺したと思い込んでいたとは、すごい飛躍しっちゃたなぁ……。

まあ、悪い方悪い方に考えちゃう人って実際にいるからねぇ、こうなってしまうのも仕方ない。
(しかし、この歌舞伎のような隈取が、妙な気持ち悪さを醸し出しているものだ)


ここで、マロとも戦うんだけど、ミカヅチ同様にして決着が付かずに相手は撤退。
正直、さっさと決着を付けてしまいたかったなぁ、あの気持ち悪い顔をあまり見たくないのに……。


そんなこんなで、ナコクをヤマトから取り戻し、エンナカムイへの帰路に就くオシュトル達。
うたわれ05ずっと……オシュトルはんのままで、いるんやね……

ま、まさか、アトゥイにオシュトルの正体がバレてしまった!?
なんだか、すっごい自然な流れでこの会話になったので、結構ビックリしてしまった。

やっぱり、「お酒を飲んで朝まで介抱」云々の話で気付いてしまったのかなぁ。
天然ぽさのあるアトゥイにこんなに早く気付かれたら、他の人に気付かれるのも時間の問題か?






Vita「うたわれるもの 二人の白皇」プレイ感想(6)、シスコンをこじらせたルルティエの姉登場!&ヴライ将軍との因縁に決着

Vita「うたわれるもの 二人の白皇」プレイ感想(5)、露骨なお色気要員キターー!!(フミルィル)でも、ダントラと比べたらずいぶんと健全だと思う






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation