うたわれ01 前回、ライコウを撃破し、ついに念願であった帝都の奪還を果たしたオシュトル達。

黒幕はほぼ確定したけれど、この時点でオシュトルらは気付いていないから、
またしばらくは日常パートかな? と思いきや、突如ミカドに呼ばれてヤマトの地下へ。

ミカド生きてたんかーーい! ドラゴンボールのメディカルマシーンみたいなので治療中らしい。
ここで改めてトゥスクル侵攻の真相が語られ、人類救済に必要な“ある物”の存在について言及。

【スポンサードリンク】


というわけで、その“ある物”、マスターキーを見つけるために再びトゥスクルの地へ赴く。
ひとまずオシュトル、クオン、双子、フミルィルの5人旅となっております。
うたわれ02 一応、ヤマトからの特使という名目でトゥスクルを訪れているので、
色々とトゥスクルの都を観光するなど、少し穏やかな日常が戻ってきていて悪くないものだ。

これまでヤマトとエンナカムイの攻防ばかりで、ずっと緊張を強いられていたから、
こういう優しい空気感というのも良いものです(すぐにトラブルに見舞われると分かっていても……)


この後、クオンと2人で遺跡を探索した折に、アブ=カムゥ(アベルカムル)というロボットを発見!
「これはヤバイ!暴走してしまう!」と思わせておいて、コメディ・タッチだったので拍子抜け。

大変な物を呼び覚ましてしまった!? という思いとは裏腹に、BGMも緊張感が無かったもんね。
どんどんプレイヤーの緊張を削いでいくけれど、ここから本番を迎えるためのお膳立てなのかも。


それから、クオンのお母様の1人であるウルトリィに連れられて、聖地オンカミヤムカイへ赴く。
うたわれ03 そこの地下奥深くに社(やしろ)があり、エルルゥさんとやらが待ち構えていた。
こちらもクオンのお母様の1人らしいけど、彼女が一番影響を受けた存在みたいですな。

自分は「うたわれ」1作目はプレイしたことがないものの、そのヒロインがこんな名前だった気が。
もうそれだけでも、重要な局面に突入してしまったんだなと気付かされてしまうものだわ。


そして、「社の主」と接見を果たす(男性の声だけ)
ここで「ニンゲンの真実」、言わば本作の世界設定が語られることに。


そんな中で、闖入者登場! 来てしまったか、ウォシスよ。一気に嫌~な雰囲気になっちゃった。
うたわれ04 自分もマスターキーを手にする資格があるとのたまうウォシスさん。
こ、これは、太古の人間の生き残りがミカドやハク以外にいたということなの!?

「真人計画」「アイスマン計画」というものを語りだすなど、
現在の亜人の世となった原因、人類が滅亡してしまった“核心の話”を彼も知っている模様。


たぶん、これら「○○計画」の話は「うたわれ」1作目に詳しく描かれているのでしょう。
自分はプレイしていないから、社の主・ウォシスの話から雰囲気を掴んだ程度で理解しました。

何というか、科学技術が発展して、何もかもを手に入れた人間の行き着く先とでも言うのかな。
ついには禁忌に触れてしまい、そこに大きな代償を払うことになってしまったという話。

何者かに願いを叶えてもらったら、それが随分と“悪意のある願いの叶え方”だった、とか……。
なんだか、どこかで聞いたことがある話だなぁ(ま、よくあるパターンなのかもしれないけれど)


で、マスータキーを巡ってウォシスとバトルすることに!
うたわれ05 この戦闘よりミカヅチが初参戦(いつもの仲間達も一緒についてきたらしい)
生きてるとは思ってたけど、まさかミカドと同じくメディカルマシーンで回復したとはね。

「待たせたな!!」とか、なかなかアツい展開ではあるけれど、
結局、ミカヅチはミカドの依頼で来ただけなので、あまり能動的じゃないところが何とも言えない。


ちなみに、戦闘の方はというと、シチーリヤを撃破したところでひとまず終了。
ウォシスとは戦うことにならなかったようで、まあ最終決戦(?)はお預けということなのかな。

でも、最終的にはウォシスにマスターキーを奪われ、逃走を許してしまうことに……。


そして、「この私こそが真人なのだ!」という捨て台詞に驚愕!
まさか彼は人間によって造られたものなの!? それでミカドに対して父上と言っていたのか。

あと、オシュトル(ハク)に対して「試作品」と言っていたのも気になって仕方がない。
兄の実験を手伝っていたことだし、ハクも真人のなり損ないみたいな感じなのかなぁ。

(しかし、真人&旧人類やら巨神兵みたいなロボも出てくるし、「ナウシカ」を彷彿させるね)


なんかもう色々と大変な展開になっているけれど、こちらとしては翻弄されるのみですな。






Vita「うたわれるもの 二人の白皇」プレイ感想(9)、裏で暗躍していた者までも動き出してマロとミカヅチが犠牲に!そして黒幕登場?(目的が気になる)

Vita「うたわれるもの 二人の白皇」プレイ感想(8)、ヤマトと最終決戦へ!? 泣いてるネコネを見て一瞬で仮面の力を解いたミカヅチさん






【関連記事】

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation