うたわれ01
『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』がPS Vita、PS4で新たに登場

PS4/Vita「うたわれるもの 散りゆく者への子守唄」が2018年4月26日発売と発表されました。

個人的に、ハク達のファンディスク的なものがそのうちくるのでは? と思っていたんだけど、
まさかシリーズ第1作目のリメイクがくるとは予想外だったなぁ(すでに予約も開始されてます)

まあ、「二人の白皇」等をクリアした人達から、初代も現行ハードでプレイしたい! 
という要望がそれなりにあったのでしょう。自分も一時PSP版を買おうか迷ったくらいだし。

【スポンサードリンク】


でも、結局買わなかったんだよね、どうも絵柄が古臭く感じてしまい食指が動かなかったわけで…。
やっぱり、初出が15年くらい前の作品ともなると、そんな風に思ってしまうのも否めない。

そんなわけで、今回のリメイクでは絵柄の刷新も期待したいんだけど、どうなりますやら。


以下は、Amazonページによる情報


うたわれるもの 散りゆく者への子守唄 プレミアムエディション

・原点はいま、新たなる出発点へ。

・「うたわれるもの」シリーズの原点であり、「偽りの仮面」「二人の白皇」へと続く第一作目『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』が大幅なパワーアップをして、PS4、PSVitaに登場!

・シミュレーションパートのキャラクター・マップ等を全て2Dから3Dに変更。連撃、必殺技、協撃演出も併せて強化し、「偽りの仮面」「二人の白皇」と同様のシステムに変更し、プレイしやすくなっており、イベントシーンの演出等も強化。

・イベントCG・バストアップ等を高解像度化し、リファイン。2D背景に至っては全て新規に描き下ろし、OPムービーも高画質化。

・オリジナルのBGMを全曲リアレンジ。オープニング「君だけの旅路」・エンディング「キミガタメ」も本作の為に楽曲をリアレンジし、歌も新たに録り下ろし。また新たに「うたわれるもの」シリーズから選りすぐりのBGMを使用し、新しい解釈でドラマを盛り上げる「スペシャルエクステンデッドモード」を追加。


イベントCG・バストアップ等を高解像度化し、リファイン」てことは、
新たに描き下ろすということまではしないということなのかな? これはちょっと残念。

イベントCGはまだしも、せめて立ち絵だけでも新しくしてくれたらいいのに……。
しかし、それをやると通常シーンとイベントで、キャラの雰囲気に違和感が出る可能性有りなのか。

(ちなみに、本記事のTOP絵は「描き下ろし特製パッケージ」のイラストとのこと)


あと、SRPGパートに関しては、「二人の白皇」等と同様のシステムになっているらしい。
うたわれ02 グラフィックに関しては、こんな感じでも別にいいんだけど、
もう少し戦闘のバランスが大味にならないよう調整されていると宜しいんじゃなかろうか。

(一部のボスが超絶火力のカウンター持ちとか、ほんとやめてほしい)


てな感じで、もっと情報が出揃ってから購入するかどうか決めたいと思う。



Vita「うたわれるもの 偽りの仮面」プレイ感想(1)、主人公ハクの心理描写がコメディタッチで面白い!そしてクオンからタマ姉の片鱗を垣間見る

Vita「うたわれるもの 二人の白皇」プレイ感想(1)、クオンの“ヤマトを落とす”宣言に驚愕!そしてハクとネコネに早くもウルッとさせられた






【関連記事】

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation