朧村正 PlayStation Vita the Best

★2014年3月15日の記事を再掲

前々から気になっていた作品なんだけど、この度ベスト版が発売されたということでプレイしてみた。

う~む、それなりに評判は良いらしいものの、なんだか思った以上に単調だったかもしれない。全体的にボリュームも少ないみたいだし、あまりハマることが出来なかったなぁ。

【スポンサードリンク】


朧村正 1/8 百姫
最初、百姫から始めてみたんだけど、地獄やら天界とかが出て来て「ちょっと面白くなってきたかも」と思ったのも束の間、もうすでに終盤に入っていたという塩梅。寄り道とかしても約8時間ほどクリア出来ちゃうとか、ちょっとアッサリし過ぎな気がしてならない。

次に鬼助でほとんど寄り道せずに進めてみたら約5時間で終わっちゃったし、さすがにこれは短過ぎでしょう……。おまけに、ボスに行くまでの道中の移動が非常に長いし、なおかつザコ敵もそんなに頻繁に出て来ない、これは否が応でもダレて来ちゃいますな。


同じ会社が開発した『ドラゴンズクラウン』のイメージで手に取ってみたら痛い目に合うかもしれない。アクション面の爽快感という意味では『朧村正』の方が上だけれど、ゲーム全体的なテンポは悪かったような気がするものだ。

でも、この内容でシステムが親切設計になっちゃうと、サクサク進み過ぎてさらにプレイ時間が短くボリューム少な過ぎという感じになっちゃうのだろうなぁ(それだと2、3時間で終わっちゃいそう)


しかし、短時間で面白さが凝縮されていればそれで良いじゃん、というスタンスな人もいるだろうから、ボリュームが多い少ないというだけでそのゲームを評価するのは間違いなのでしょう。

ただ、『朧村正』はストーリー部分も相対的に短くなっているので、なかなか入り込みにくいようにも思えてならない。それなりに脳内補完していかないことには堪能しにくいかも、なんとなく。


とはいえ、水木漫画に出てくるような妖怪達と戦えるという点は非常に良かった。


朧村正 音楽集
朧村正 音楽集
posted with amazlet at 14.03.14
ゲーム・ミュージック
ベイシスケイプレコーズ (2009-12-16)
売り上げランキング: 6,690


Vita『ドラゴンズクラウン』プレイ感想(1)、やっぱり王道ファンタジーな雰囲気が最高です&アマゾンさん防御低過ぎ!






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation