イース01 第5部に入り、ダーナが記憶を取り戻すためアドルらに同行することになった模様。

「まさかLV60でパーティイン?」とか思ったものの、そこはしっかり下げられていました。
なおかつ、2段ジャンプも出来なくなってるというのが悲しいものだ。

でも、アドルの代わりに使い始めたけれど、動かしていて新鮮さがあるのでなかなか面白い。
女性キャラがでかい武器を振り回す構図が好きな人間にとっては、たまらない気がする。

【スポンサードリンク】


てなわけで、島から脱出するための障害となっている海の古代種の撃退法を調べるため、
バハの塔」と呼ばれる研究施設へと赴くアドル一行。

外観はこれまで見てきた古代遺跡とほとんど代わり映えしないというのに、
中に入ってみると、ちょっとSFっぽくなっていて驚かされるね。

出てくるザコも見るからに機械っぽいし、ダーナ達の科学技術の具合も気になるものだ。


そして、塔の守護者っぽいボスとバトル!
イース02 見た目からして硬そうだなと思ったら、ほんとに硬かった。大体100ダメくらいしか入らないし。
まさに、ちょっとづつちょっとづつ削っていくという感じですな(キルゴール戦を彷彿)

凍結攻撃と、クルクル回転して巻き込んでくる攻撃が非常にウザいけれど、
ヒット&アウェイ戦法をしていれば問題なく撃破できました(広いフィールド有難い)


あと、ドラゴンっぽいボスとも戦ったけれど、弱点が見えているタイプの敵だったので、
普通にゴリゴリとゴリ押ししていたら危なげなく撃破! 落ちる床は結構めんどくさい。


その後、塔の最深部にて、目的であった海の古代種の情報をGET!
イース03 ついでと言ってはなんだけど、ダーナらが古代種から進化した人類であることも発覚
なるほど、それでエタニア人って背が高い人が多かったというわけなのですね。

ダーナ自身は周りの人達からしたらかなり小柄な方だったものの、
アドルらと比べると女性陣の中では一番背が高いし、やはり古代種のDNAの成せる業なのか。

(いわゆる「恐竜人間」というネタは、SF界隈でそれなりに見掛ける気がする)


あと、以前から話題に出ていた幽霊船を調査することになり、探索を開始したわけだけど、
どうせ幽霊船に見えるだけで、ほんとは生身の人間が乗ってるんでしょ?とか思っていたのに、
本当に幽霊船だったらしく、これ以上ないほどのベタで王道な展開に驚かされてしまった……。

ほんと直球で、分かりやすいネタが好きなんだなぁ、イースって
なんだか扱っているガジェット的に見て、エンタメ玄人な方では満足出来なさそうな予感。


それから、船の甲板にて海賊の亡霊とバトル!
イース04 動きが遅いこともあり、フラッシュガードが面白いほど決まるから楽々撃破出来ました。

正直、この甲板で海の古代種戦になって、本作OPの再現となるのでは? と思ったのに、
さすがにそうはならなかったようで、ちょっと残念でありました。


そんなこんなで、セイレン島周辺の海図をGET!
これでサバイバル生活を強いられている元凶を叩きにいく算段がついたのかな?




イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック
ゲーム・ミュージック
日本ファルコム (2016-08-24)
売り上げランキング: 2,880


Vita「イース8」プレイ感想(5)、ダーナが未来に干渉するとかバタフライ・エフェクトが起こらないか心配(第4部終了)

Vita「イース8」プレイ感想(4)、ダーナを操作できると思いきやあっという間にサバイバル生活に引き戻される&リコッタが仲間入り!(第3部終了)






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation