イース01 本作は勧善懲悪といった単純明快なストーリーではなく、種の根源というか、
生命の理みたいなものに抗うなど、とんでもなくスケールが大きくなっちゃって困惑気味です

ほんと終盤になって、まさに超展開としか言いようがなく、どう受け止めていいのやら大変。

そもそも、この地上を作った神の“決め事”を無かったことにしようと考えるのがスゴイものだ。
「隕石が降ってくるからそれに抗おう」とかいうのとは訳が違うからなぁ。

【スポンサードリンク】


しかも、ラクリモサも含めて、この世のあらゆる事象は神が見ている夢という設定らしく、
その神を目覚めさしてしまうと、この世界そのものが滅んでしまうとかあんまりだわ……。

(アドルらも夢の住人でしかない存在、そう考えると妙な儚さがあるものだ)


そんな中で、リコッタが神に核心をつくような質問を無邪気にもしてしまう。
イース02そ、それじゃ、リコッタたちが世界を滅ぼしたのか?
あなたたちは確かに以前の世界に終末をもたらしました
ここは私が新たに再構築した世界です

うわぁ~、アドル達がこの世界を一度滅ぼしてしまったということが確定。
世界というか、彼らが住んでいる惑星そのものが一度無くなったということなんだよねぇ?

他のRPGでは、世界に終末が起こるからそれを何とかしようという話になるんだけど、
本作の場合は人類滅亡を防ぐため、逆に世界に終末をもたらしたということになるのか……。

(イースってこれからも続くのだろうけど、これ以上にトンデモな話は創作出来なさそうな予感)


それから、いなくなったダーナに会うため、「はじまりの深淵」という場所へ赴くアドル一行。
イース05 ここで、万物の根源・はじまりの命とやらとバトル!
えぇ、名前からして倒しちゃっていいものなのか? と、思わずにはいられない。

というか、普通に考えて、物理的に殴って倒せるような相手とは考えられないんだけどなぁ。
でも、リコッタを使用して骨を飛ばしまくってたら普通に撃破することが出来ました。


その後、人身御供かのごとく身体を差し出し“進化の概念”へと昇華したダーナ出現!
イース03 なにやら、「進化の女神」という存在になったんだそうな(どういう理屈なのか分からん)
これからのラクリモサは、ダーナのさじ加減で決められていくということなの?

だとしたら、アドルが生きている間は人類が滅亡するということはないのでしょう、たぶん。
でも、後に科学技術が発達して、世界戦争とかが始まっちゃうとラクリモサ待ったなしかもね。

(いや、ラクリモサで引き起こされる災厄こそが世界戦争なのかもしれない)


というわけで、エンディングに突入!
イース04 あまりやり込まずに駆け足でプレイしてきたけど、クリアまでに約40時間掛かりました。
噂通りにボリュームに関しては申し分ない感じなのかもしれない。

ただ、アクション部分は単調なので、この長さは逆に辛いと思わなくもないです、個人的に。
もうちょっとアクションが面白ければやり込もうという気になるのに、ちょっと残念かも。


正直、20~30時間プレイしないことには物語が盛り上がってこないというのもキツいの一言。
中盤まででプレイを投げ出してしまう人も少なからずいるのでは? そんな気がしてしまう。

緊張感の希薄なサバイバル生活があまりにも長過ぎるので、
ダーナ編との絡みをもうちょっと早く出してくるべきだよなと思わずにはいられない。

いっそのこと、ダーナ編をメインにしてサバイバル生活をサブにして欲しかったなぁ。
探索はしたい人だけがするという物にして、ラクリモサの話を序盤から展開したら良かったのに。


ほんと終盤は色んな要素というか、設定を一気に詰め込み過ぎているきらいがあるので、
若干、置いてけぼり感をくらうのが悲しいところかもね(なかなか興味深い話ではあるんだけど)

で、結局のところ、リコッタの素性は分からずじまいなんだろうか? 結構心残りなんですが。


イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック
ゲーム・ミュージック
日本ファルコム (2016-08-24)
売り上げランキング: 2,880


Vita「イース8」プレイ感想(7)、王国が滅んだ原因や“大樹の真実”など、まさに翻弄されるのみ(第5部終了)

Vita「イース8」プレイ感想(6)、恐竜人間や幽霊船など、直球で分かりやすいネタが満載ですな






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation