グリザイア01 前回、榊さんルートをクリアしたので、次はマキナルートに進んでみよう。共通ルートにて「マキナのパパになってください」と言われていたと思うので、それをOKすると分岐するらしい。

しかし、なんでまた唐突にパパなの? と思ったものだけど、マキナはずっと「家族のように無条件で自分を守ってくれる人」を探していたとのこと。

この辺も全ては彼女の過去が影響しているのだろうけど、自分の持っている物(一生分のお小遣い7千万円)全てを差し出したマキナの「覚悟」を見て取り、主人公は引き受けることに!

【スポンサードリンク】


正直、主人公だってまともな親子というか家族像を知らないので、絶対空回りしそうな予感しかしないものだ。でも、引き受けた仕事は必ず完遂するのが主人公なので、まあ頑張るほかない。


そんな中で、学園長からもたらされたマキナの情報に驚かされる。
グリザイア02 「入巣蒔菜の誘拐事件」だと!? その時、彼女の目の前で父親が殺されたらしく、こんなのトラウマにならないわけがないじゃないか……。

それが原因で精神に失調をきたしてしまい、何年も入院していたとのこと。年齢に比して子供っぽいのも、まあそういうことなんだろうなぁ。思いのほか辛い過去であった。

よくぞ現在のように明るく回復したものだよ、この学園で天音と出会えたというのも大きかったのでしょう、おそらく(この学園だからこそ、偏見の目で見られないというのも多分にある)


続いて、天音行きつけのパン屋さんでアルバイトを始めるマキナ
グリザイア03 主人公から「生きる」とはなんたるかを教え込まれているとはいえ、一気に飛躍して行ってるなぁ、マキナ。一般常識すら怪しかった子が、短時間でここまで成長するとは素晴らしい

尋常ならない人見知りが、「仕事は楽しい」と言えるようになると誰が予想していただろう。主人公はともかく、この姿を見た天音はほんと感涙物だろうね(過保護だし)

しかも、1日バイトに出ただけで、皆(クラスメイト)への「感謝の気持ち」まで理解するなど、スポンジのごとくあらゆるものをドンドン吸収していくマキナ。さすが元神童と言われていただけある。


実際の家族の問題さえ目を瞑れば、これからも普通に楽しく暮らせそうだ。


それから、夏祭りイベント勃発!
グリザイア04 何というか、マキナ・シナリオは普通に共通ルートのノリ(ドタバタコメディ)が、ずっと延長上で続いているような感覚が無きにしも非ず。

でも、そのうち内容がずっしり重くなっていくんだよねぇ? いや、もうずっとこのままの雰囲気で続いていけばよくない?? と、ついつい思ってしまう始末。


「やればやるほど読めば読むほど、ずっと日常が続いてほしいと願う感覚」、これってひぐらしをやっていた時のプレイ感覚に酷似していて何とも言えない気分になってくるものだ。






Vita「グリザイアの果実」感想(8)、榊さんルート・クリア!似た者同士の2人が共に成長する物語

Vita「グリザイアの果実」感想(7)、榊さんルート01・護衛として雇われる主人公、そして彼女の重たいバックボーン







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation